SGEの天然水・九州の名水・ミネラルウォーター、ヘアシャンプー、入浴剤なら岩の雫本舗

会社概要 | サイトマップ | お問い合わせ

買い物カゴの中を見る

医学からみたSGE

臨床現場からのレポート。
延べ約1000例臨床患者例のほとんどでQOLの向上

SGEストーンの医学的効用については、過去にも丹羽博士やセルジュ博士等によるラットを用いての実験をはじめ、いくつかの実験や考察が行われてきています。それらのデータおよび実体験をふまえ、2000年より臨床試験を行ってきましたので、その一端について私なりの感想を述べてみます。

結論としては、臨床試験を開始してからまだ1年余りで、臨床理論の構築には、あと少し時間を要するものの、今日まで、様々な疾患において、予想を上回る臨床症状の改善効果が確認されています。

臨床試験の概要について説明しますと、臨床患者例は延べ約1000例で、疾患傾向を大別すると、慢性関節リウマチ、悪性腫瘍(ガン)、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、その他の慢性疾患となります。なお、基本的な治療内容としては、SGEストーンのセラミックボールを用いたサンドバスでの入浴療法、およびSGEウォーターの飲用、さらにはSGEストーンを直径1ミクロン程度に粉砕したSGEパウダーの服用となっております。いずれの場合も、ほとんどの患者において、QOLの向上が見られたことは特筆すべきこととおもわれます。

以下に代表的な臨床例の経過と所見を報告いたします。

悪性腫瘍(ガン) <51歳・女性>

平成11年5月に他の医療機関で卵巣癌の手術を受け、肝臓にも転移した例。
当クリニックに来院後は化学療法を受けながらであったが、漢方薬の服用、週1回のサンドバス治療とSGEパウダーを内服した結果、約2ヵ月ほどで“元気が出てきた”“あちこちの痛みがよくなった”“風邪をひかなくなった”などのQOLの改善が見られた。
平成12年10月にCT検査で、腫瘍像が消失しているとの診断。現在は腫瘍マーカー(CA125)は正常範囲内となっている。
従来の化学療法のみでは十分な効果がなかったにもかかわらず、今回はこれらの併用療法で予想外の効果が現れたが、このことは、サンドバスおよびSGEウォーター、パウダーに何らかの癌細胞増殖抑制効果を期待できるとも考えられる。
この他、乳ガンの骨転移の激しい痛みが軽減したり、大腸ガンの再発でも腫瘍が縮小した例などを経験し、今後これらの分野でSGEの役割に大いに期待している。

慢性関節リウマチ <52歳・女性>

平成4年に慢性関節リウマチと診断されて以来、各種の治療を継続した後に平成12年より当クリニックにて漢方薬の投与と週2回のサンドバス治療を開始。現在では、日常生活に全く支障のない程に痛みも改善するなど、著しいQOLの改善がみられている。
なお、一般の慢性関節リウマチで、サンドバスを利用した入浴治療に際しては、急性期よりもややリウマチの活動が不活発になった時の入浴が特に有効であり、私の印象としては、SGE療法は、慢性関節リウマチにはかなり有効な治療手段の一つとして考えている。

尋常性乾癬 <52歳・女性>

尋常性乾癬で他の医療機関でさまざまな治療を経た上で、平成12年5月に来院。漢方薬の投与とステロイド外用剤、ビタミンD3外用剤の投与と並行して、週2回のサンドバス治療を実施。
しかし、サンドバスでも十分な効果が表れなかったため、SGEウォーターとパウダーの投与を併用した結果、現在では尋常性乾癬が大幅に改善している。この他、パウダーの服用により、頑固な乾癬にも著効がみられた例もあり、またアトピー性皮膚炎にも有効な例が見られるが、両疾患は、過酸化脂質の形成と関係が深く、SGEがこの形成を阻止して、結果として症状を軽減することも考えられる。
いずれにしても、これらの難治性皮膚疾患の根治療法の有効な手段として期待したい。

アトピー性皮膚炎 <17歳・女性>

普段は安定していたが、平成13年秋に急性増悪したので、皮膚処置をした後に週2回のサンドバス入浴とSGEウォーターの飲用を開始したところ、それまで何度も悪化を繰り返していたアトピー症状がかなり軽減し、現在は大変安定した状態を維持している。

その他の臨床症状の改善メカニズム

当クリニックにおけるSGE治療の対象疾患として、この他、交通事故の後遺症、いわゆる四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)、冷え性、さらには骨粗鬆症や神経症にもいくつかの効果が認められている。
サンドバスの入浴やパウダーを服用した人のいずれもが共通している効果として、大変疲れにくくなり、日常生活がアクティブになることがはっきりしており、この点がなぜなのか今後さらなる解明に取り組みたい。
私自身の体験でも、サンドバスに関しては、疲労回復には目に見えた効果があり、体脂肪率の減少や体重減少、またSGEウォーターとパウダーの経口テストでは、短時間睡眠でも疲れにくく、排便臭がほとんどなくなるという現象があった。
SGEは、腸内細菌の活性化、または脂質に活性酸素が付着し過酸化脂質を形成する過程を防止したり、体内の疲労物質の排除に深くかかわっているためかと推測している。

『タウンゼント・レター』より(by Professor Serge Jurasunas)

近年、活性酸素やフリーラジカルが病態憎悪因子として作用する可能性が報告されている疾患についての研究が急速にすすめられている。そのなかにあって、ポルトガル在住のフランス人医師、セルジュ・ジュラスナス博士もその一人である。博士はここ数年、SGE鉱石と悪性腫瘍(ガン)をはじめいくつかの病態モデル実験を行ってきている。

これは医師向けの専門誌『タウンゼントレター』からのセルジュ論文の一部要約抜粋である。

人体に吸収される波長が4~14ミクロンの遠赤外線

遠赤外線放射体・SGE鉱石が放射する遠赤外線は、波長が4~14ミクロンで、それは人間や動物、そして植物の成長を促進する“育成光線”と呼ばれている ものである。…確かに、地球上のエネルギーについては他にもたくさんのことが発見されているし、そしてまたいかにして人間の細胞が活性化されるということ も。(ミネラルと水はおそらく2大エネルギー源であり、正常細胞の保持にかかわる中枢的な役割を果たしているであろう)

水の分子チェーンを短縮し、細胞へ付着

ここ数年、われわれは電磁波放射物質が汚水のクラスターを切断する機能メカニズムの存在については知っていたが、どのようにして作用するかについては謎であった。

水の長いチェーンの短縮により、長い水のチェーンで包まれているCl2,CO,CO2,SO2の汚染物質中の気体は空中へ飛散し、一方、Hg,Cdなどの重金属は下の方に沈澱する。水の分子チェーンの短縮は、水の比重の増加をもたらし、細胞の表面に付着する。
この食物を新鮮にたもつメカニズム、それはまた同時に健康促進させ病気治癒させるメカニズムでもある。

水とCa2+の流入により細胞を活性化

細胞は、私たち体の侵略者に対する最後のバリア、要塞である。細胞内活性の最初のステップは、細胞膜のCa2+の流入である。分子チェーンの短縮された水とCa2+は細胞によって吸収され、phospholipaseA2のような酵素をつくるカルモジュリンにくっつき浸透することで、過酸化脂質と不飽和脂肪酸を抑制し、一連のカスケ-ド的な細胞の活性化をもたらす。

SOD(抗活性酸素酵素)様の働きをもつSGE鉱石

SGE鉱石が、過酸化脂質を抑制するとわかってから、放射線や赤血球の細胞膜に存在する過酸化脂質から生体を保護するSOD(抗活性酸素酵素)様の働きを もつものとして活用されている。私たちは、肺癌において化学療法や放射線がSODを抑制することを知っている、そしてまた一方、SGE鉱石が、肺癌におい て抗炎症効果をもっていること、さらにはなぜ特殊な悪性腫瘍にそんなにも効果的なのかということも。SGE鉱石は、また、とりわけ以前にステロイド治療を 受けていた、リウマチ関節炎の患者にもよい結果をもたらす。

内服薬やSGEサンドバス療法は、過酸化脂質を抑制する確かな証拠を示してくれた。内服薬やSGEサンドバスは療法を施されているRA患者(慢性リウマ チ)の85ケースは明らかに抗炎症性反応を示した。痛みを伴う朝のこわばりを改善した。私は、ステロイドを服用していた間、歩くことすら難しかった少年を 含むRA患者の快復ぶりに注目した。2ヵ月後、彼等は、人並みに泳ぐことができるようになった。特殊なサンドバス療法は、通常の1/4以下にRA患者の血 液中の脂肪酸を減らした。そして、脂肪酸の減少により、血流と末梢循環障害が快復し、RA患者の朝のこわばりを改善したのである。

マウス実験でのガン細胞の増殖、成長の抑制

約5年間にわたり私の元で行ったSGE鉱石を主体とした乳癌治療で、顕著な医学的な効果があったということができる。私自身、この療法は乳癌や肺癌にとりわけ効果的であり、さまざまな診断において段階的に患者の改善がみとめられた。

右のグラフは、sarcoma180およびB-16melanoma移植マウスを使っての実験においてSGE鉱石により、癌細胞の増殖、成長が著しく鈍化することを示している。

メディカル・プロジェクトについて

われわれ人間のすべての生命維持活動は、神経経路を流れる電気信号によって支配されているのはご存じの通りです。いわば、人間はひとつのエネルギー的存在ともいえます。そのような観点からして、SGEが天然放射性同位体40Kおよび高遠赤外線放射体であるという科学実験データは、人体に対してなんらかの影響をもたらすであろうことを示唆しており非常に興味深い。

今回、臨床においてSGEサンドバスが関節リウマチなどに顕著な効果があったということは、そういった意味においても当然の結果といえるだろう。温泉医 学の分野においても、リウマチなどの慢性疾患に対する温熱療法の効果はすでに実証ずみである。また、科学実験データから、活性酸素とのかかわりの深い SOD酵素活性機能についての報告がなされていることも非常に興味深い。
 われわれが生きていくための生体エネルギー(ATP)の合成のために酸素はかかせないし、また生体機能維持のために活性酸素が果たす役割もまた非常に重要といえます。

その一方で、この酸素の一部が有害な活性酸素となり、細胞炎症や脂質の過酸化脂質化をもたらすことで老化や病気を引き起こすのもまた事実です。

われわれの体には本来、細胞のなかの活性酸素を抗酸化酵素によって瞬時に消却、無害化する機能がそなわっているのです。
 大切な事は活性酸素の短絡的な消去能ではなく、いかに選択的代謝消去できるかということ。そういった意味においてもSODをはじめ体内酵素の働きが重要 なわけで、今後、メディカルな観点から、SGEのもつ微量元素、また、エネルギーが生体機能に与える影響、さらには体内酵素活性化との関連などについて薬 理学的試験を重ねさらに検証を深めていく方向で検討している。

▲PageTOP